KAKIログ Written by KAKI

フォーカスを絞る!一点集中の威力!焦点を絞る事の重要性とは

心理学

毎日忙しい私たちは、色々とやりたい事が沢山あるし、やるべき事も沢山あって、どんどんやる事ばっかりが増えていって、なんだか毎日沢山の事をこなしているのに、進んでいない感じ、、、そんな感じってありませんか?

そういう時は、あなたのチカラが分散してしまっていて、クギだったら一直線で木に打ち付ける事ができるのに、先がとがっていない棒を木に打ち付けても、全然木に入っていかないようなものです。

しっかりチカラは加えて、頑張っているのに進まないような状況、、、

そこで今回は、「フォーカスを絞る!一点集中の威力!焦点を絞る事の重要性とは」という題で、お話しさせて頂きたいと思います。

最後までお楽しみください♪

フォーカスを絞るとは!?

結論から言うと、「フォーカスを絞れ」とは、「一点に絞れ」という意味です。

私たちは器用で、いろいろな事を同時にする事ができるんですが、その分パワーが分散されて、一つ一つにパワーがでないんですね

例えば、「水風船」を思い浮かべてもらえればよくわかるのですが、水風船に小さい穴を針で何個かあけてみると、ぴゅーぴゅーと少しずつ水が穴を開けたところから出ていきますよね。

それって、水圧というかパワーが分散されていて、少しずつしか水が出ていかないんですよ。

でも大きい穴をあけたとたん、、、

ドバーンと一気に水が出ていくと思いますよね!(分かりにくいですかねw)

一点集中の威力!

これと同じように、やっぱり一点集中のパワーって大事で、今のインターネットが普及する前の人たちが、自動車とか沢山イノベーションを起こしてきました。

インターネットが普及する前の、昔の人たちの方が、沢山イノベーションを起こしてきた!偉業を成してきた!と言われているのですが、、、

なぜその人たちの方が沢山偉業を成せたかというと、「フォーカスを絞る能力がすごく高かった」と言うか、フォーカスが自然に絞られているんです

というのも、インターネットが普及してなかったので、周りの人も絞られていたし、情報にしても、本を買ったら一冊の本を何回も読みこんでましたよね。

今は、何か調べものをするにしても、今は色々な広告が、パソコンでも携帯でも広告が飛び込んできて、色々誘惑されてしまい、集中が分散されてしまいますよね。

昔の人というのは、またはインターネットがない時代は、誘惑というのが絶対的に少なかったんです

なので自然にフォーカスが絞られていたんです。

スポンサーリンク

焦点を絞る重要性

私たちは「意識してフォーカスを絞る必要がある」時代にいる、という事なのですが、今は情報量が多すぎますよね。

街を歩けば看板広告が沢山あります。

私たちは、無意識にその広告から避けるよう、パワーを使ってしまっているんです。

歩いているだけでパワーを使ってしまうんですねw

メールにしても、メルマガに何個も登録して、メールが沢山きたり、ラインからも沢山の広告が入ってきたり、内容を読まないにしても、その広告のタイトルに反応しただけで、あなたのエネルギー、パワーは奪われてしまっているんです。

実は目に入ってくるだけで、エネルギーを使ってしまっている!という事なんです。

現在は便利な時代になったのですが、私たちは逆に「あえてフォーカスを絞らないといけない時代」になっているという事なんです。

江戸時代の何千何万倍の情報量があるのですが、私たちは、そんなに情報を処理できるほど進化していないですよねw

なので、あなたや、あなたの子供がもしこれから何かをやりたいと思ったなら、あえて1つの事にフォーカスを絞り、他の情報を遮断する!

パワーを分散させないようにする必要がある!

という事なんです。

私たちの時間やエネルギーには限界がありますよね。

あなたが、「これ!と決めたのなら、「100%それにフォーカスを絞って集中して」毎日を進んでほしいと思います。

まとめ

今回は、「フォーカスを絞る!一点集中の威力!焦点を絞る事の重要性とは」という事でお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

私も色々な事に興味があるので、色々な事に手を出しては、中途半端になってしまう事が多かったです。

でも、この考え方を知って、フォーカスを絞り、一点集中する事で、成果が格段に変わってきました。

やりたい事を増やすことも大事ですが、本当にやりたい事以外の事をやめる事も大事です

そうすると、自然に、本当にやりたい事だけに絞られていき、フォーカスを絞る事にも繋がっていきます。

ぜひあなたも実践してみて下さいね^^

では、本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

では、本日も確実に前進していきましょう!